ミテシマイマシタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
しょうたです。

今回は
あなたの成長の方向性を
一切ぶれさせない方法
についてお話しして行きます。

僕はこれをするようになってから、
身体が思った通りに
動くようになりました。

自分なりにはかなり
上手くなったのかな?

なんて思い込むことができましたし、
実際、周りからも
声をかけられるようになりました。

それまでは練習中には
あまり声をかけられなかったり、
楽団のメンバーとも世間話や冗談話
ばかりだったのが

「なんか様になってきたね」
「あれ?いつの間に
そんなにできるようになったの?」

なんて、楽器に対することや、

「このフレーズなんだけど、
どう吹いたらいいと思う?」

なんて相談も頻繁に
受けるように
もなっていました。

そんな相談してくるのは、
最近始めた初心者では
ありません。

高校でコンクール全国大会に
行っていたような、
ちゃんと演奏ができる人でした。

これは
結構気持ちよかったです。

明らかに自分より上手い
と思っていた人なのに、
まさか、僕の事を頼るなんて!!

そんな感じでした。

まぁそんな自己満足も
モチベーションにつながるの
で、
僕は大事かな?

って思っています。

逆に、これができていないと、
あなたは努力は何一つ
報われません。

努力の方向性が
間違ってしまっているので、
仕方ないですね。

つまり、下手の横好き
終わってしまうのです。

僕も楽器を始めた頃はそうでした。

先輩も先生も居ないので、
ただただ練習時間を長くする。

でも、一向に上手くならない。

それでも、上手くなりたいから
更に練習時間を伸ばす。

でも上手くならない。

そんな負のスパイラルに
ハマってしまっていました。

この時は授業時間も
練習に使うことがありました。

本当に学生として、
最悪な過ごし方でした。

親から学費を出してもらって、
講義にも出ずに遊んでいたのです。

親に対する
完全な裏切りでした。

そんな、思いをする必要はないので、
今回の内容もしっかりと
実践してください。

その手法は

本物を知る

ということです。

つまり、
プロの演奏を見に行く
ということです。

ただ、演奏会のチケットは
安くないことが多いです。

それでもまずは、
一度だけでいいので、
必ず行ってください。

そんなに高額な
演奏会でなくてもいいです。

プロのホンモノに必ず触れてください。

どうしても
行くことができない。
ということはあるかもしれません。

その場合は
音大生の演奏会を
見に行きましょう。

あなたの近くにあるコンサートホールで
一番グレードの高いホールを探して
そこで行われる演奏会を
チェックしましょう。

その中でチケット代がお手頃な
音大生の演奏会を一つ決めて、
その演奏会に行きましょう。

僕の場合、一人で行こうと
思っているだけでは、
結果として行かないこと
が多いです。

なので、今すぐ部活の人や、友人に
「いつの、何処でやる演奏会に行くから、
一緒に来てくれ!」
とLINEを送ってください。

よっぽど、タイミングが悪いか、
何か予定が入ってしまっていなければ
快くついてきてくれます!

もし心配であれば、演奏会を探す前に、
今度演奏会を見に行こうと思うんだけど、
はじめて行くから、一緒に行ってくれない?

とLINEを送ってみてください。

必ず返信がもらえるはずです!

ちゃんとホンモノの
演奏を見て下さい。

本物を知るというだけで、
あなたは正しいゴールを
認識できます。

つまり、
上達へ正しい最短ルート
見つけることができるのです。

そうなってしまえば、
正しい練習方を使って
一直線に駆け抜けるだけです。

これだけさえできれば
あなたはすぐにバンドのみんなから
必要とされる存在になります。

必ずホンモノに触れて、
あなたのベーシストとしての
目標を設定しましょう。

今回もお付き合いいただき
ありがとうございました。

次回もお会いしましょう。

しょうた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*