おまえ何してんの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは
しょうたです。

今回は

あなたの動き一つ一つが洗練されて、
その演奏姿はまるでプロなのかと、
観客や楽団員に錯覚させてしまう。

そんな方法をお伝えしていきます。

実際に僕は
これを実践するようになって
数日たったある日。

偶然、メンバーの会話が
耳に入ってきたのですが、
「あいつの弾き方、
なんかプロっぽくない?」

そんな話をされていました。

本当にたった数日でした。

しかも、別段
特別なことはしていません。

いつもの練習に
ちょこっとプラスしただけでした。

たったそれだけなのに、
超初心者、先輩・指導者無しの僕が
陰で褒められていたのです。

それも、同じような初心者ではなく、
中学生のときから
吹奏楽をやっていた人間に。

もちろんその人は管楽器の奏者です。

でも、プロの演奏はよく見ている
人間なので、「見た目の姿」
これは知っている人です。

全く何も知らない人からすれば、
楽器を持てる、音が出る。

これだけですごいと思われるでしょう。

もし、あなたが「CDを出したい」
というのであれば、
演奏姿は関係ないかもしれません。

でも、まずあなたが目指すのは
そういったことではなく、

「舞台で曲を演奏する」

ことのはずです。

舞台で演奏する以上、
必ず演奏姿は観客の目に触れます。

そして、姿がきれいなだけで、
半数以上の人からは
「あのベース上手いね」
と言われるようになります。

実際、僕の後輩は最初の演奏会で
全く練習する時間がなかったために、
ほとんど曲を弾くことができない。

そんな状態でした。

それでも、楽器の構え方、
弾く時の動き方など
見た目の動きを僕とあわせることで、

「あの一年生上手じゃない!」

お客さんから、
なんてことを言われてしまいました。

それほど、見た目というのは大事です。

逆に
見た目がちゃんとできていないと、
本当につらいです。

まだ僕が、今回のことを
意識していなかった頃。

指揮者から

「何やってるのかわからない。
もっとちゃんと動いて」

そういわれてしまいました。

顔面真っ赤ですよ。

かなり恥ずかしかったです。

実際、その頃の演奏会のDVDを見ると、
何してるかわかんないんですよね。

今考えれば、
ありがたいアドバイス
だったんですけど。

もうちょっと言い方というか、
何か欲しいものでした。

でも、今ではこう思います。

そういうことを、それまで
教えてくれる人が居なかったんだから、
仕方ないじゃないか

と。

そう、僕には先輩も先生も
居ませんでした。

口出ししてくるのは、
管楽器の先輩ばかり。

そんな状況仕方ないですよね。

しかし、そんな言い訳はお客さんには
通らないのも現実です。

こんなこと言われるために
コントラバスを始めた訳じゃない
はずです。

こんなことを言われないために、
今回の内容も
しっかりと実践していきましょう。

やることは至って簡単、
第三者の目を意識するということです。

つまり、自分のことを、
客観的に見る
ようにしてください。

具体的には毎日15分でいいです。
必ず鏡の前で
音出し
をしてください。

とは言ったものの、僕が吹奏楽部にいて
鏡を見るのはトイレの時だけでした。

そう、僕が所属していた
吹奏楽部には
鏡がなかった
のです。

そんな場合には
姿見を買ってください。

これぐらいの大きさがあると素晴らしいです!

けど、


これぐらいのでもいいですね!

と言いたい気持ちもありますが、
案外、姿見って高いですよね。

そこで、代替案として
窓を使いましょう。

ただ、窓を見ても、
窓の外綺麗な景色が
広がっているだけだと思います。

いや、景色が綺麗であれば
それはうらやましいことですが。

そんなことは関係なくて、

夜、外が暗くなった時に
窓を見ると、外ではなくて、
まるで鏡のように
自分の姿が映りますよね。

それの応用です。

窓ガラスの反対側に
黒の厚紙を貼る。

これだけで、
ただの窓だったものが
鏡に代わります。

この窓鏡を使って、
あなた自身の演奏姿を
第三者視点でチェックしてください。

そして、演奏会で見た
プロの演奏姿と何が違うのか
しっかりと見極めてください。

そうして、違うと思った点は
「課題ノート」に
残してくださいね。

貼る紙は、セロテープで止めて、
練習が終わったら毎日剥がして
ちゃんと掃除をすれば後も残りません。

手入れさえきちんとするのであれば
文句は言われないはずです。

自分一人で独占できる鏡になるので、
是非、使ってくださいね!

これからすぐに鏡を作るために、
必要な黒い画用紙を文具屋さんで
買ってきましょう。

そんなに高いものではないはずです。

せいぜい数百円

Amazonでも売ってます。

1週間、ジュースを飲む数を
半分にしてしまえば、
十分にお釣りが来る金額です。

東急ハンズやロフトに
行けば売っているはずです。

近くのスーパーでも
売っているでしょう。

今から財布を持って
買いに行ってください。

合わせて、小さいセロテープも
買っておくと窓に貼る時に
楽チンなので、
一緒に買ってください。


こんな安いやつでOKです

毎日、この鏡の前で
練習をするだけで、
あなたの姿は一気に見違えます。

そして、周りの評価が高くなり、
褒められるようになります。

そうすると、今より
10倍練習することが
楽しくなります。

だってそうですよね。

褒められながら練習するのって、
とても楽しいですよ!

しかも、自分から頼んでる訳じゃなくて、
周りから自主的に褒めてもらえるんです。

そして、褒められると、
あなたの音に自信がつきます。

自信がついた音は、
とても力があって、
演奏をさらにすばらしいものに
昇華してくれます。

そうなれば最高のスパイラルが
始まります。

上手くならざるを得ない
状況になってしまいます。

そのためにも、
まずは第三者視線で、
あなたの演奏を見つめてください。

今回もおつきあいいただき、
ありがとうございました。

また次もお会いしましょう。

しょうた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*