末期がんがあっという間に回復しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
しょうたです。

あなたはちゃんと
楽器を構えられていますか?

とりあえず、楽器が倒れなくて
音が出るならそれで構えられていると
そう思っているならば
あなたはガンにかかっています。

今はまだ、初期段階なので
気づくことは難しいでしょう。

しかし、今のまま練習を続けていると、
みるみる間にあなたを蝕んで
あっという間に死んでしまいます。

かく言う、僕は完全にガンでした。

でも今は、完治しています。

それは先生が僕が
なぜガンにかかっているかを
指摘してくださったから
でした。

あのまま、レッスンに行かずに
先輩の言うことを聞いていたら、
僕はこのガンでそのまま死んで
いたでしょう。

あなたも楽器の構え方なんてものは
とりあえずでスタートして
しまっている
と思います。

そして、この
「とりあえず」
こそがガンの正体です。

しかし先輩方が「とりあえず」と
言ってしまうことは
仕方のないことなのです。

どこの楽団も基本的に
弦バス奏者というのは足りていません。

あなたは弦バスの奏者になった
それだけで非常に価値のある存在に
なったのです。

そして先輩はあなたに願います。

基礎なんかいいから、
とりあえず、曲を弾けるようになって、
楽団を支えて欲しい。

先輩方の正直な気持ちです。

「次の演奏会」

それがすべてだという人が
あなたに「とりあえず」で
演奏をさせようとしているのです。

しかしこの気持ちはガンを恐ろしい
スピードで進行させ、
あなたを蝕んでいきます。

普通に基礎練習に打ち込ませてくれる
環境の人と比べて、3倍、
いや10倍以上のスピードで進行します。

「とりあえず」楽器が倒れない。
「とりあえず」音が出る。
「とりあえず」譜面の音を並べる。

「とりあえず」

この言葉は本当に危険です。

今後は使わないようにしてください。

それだけでもあなたは成長への
大きな一歩を踏み出すことになります。

あなたの目標は
少なくとも「次の演奏会」ではないですよね。

「自分が最高学年の演奏会」

これこそが、あなたが最高の演奏を
して、一番スポットライトを浴びて
輝く舞台
のはずです。

「とりあえず」であなたに演奏を
させようとしている人は、
3年後あなたと一緒に
演奏している人ではありません

つまり、その人にとって
あなたの3年後の
成長は全く関係ない
のです。

先輩方があなたに求めている演奏会と
あなたが求めている演奏会は
明らかに違う時間にあります。

重ねてになりますが、
「あなたが最高学年の演奏会」には
今いる先輩は一人もいません。

あなたが目指す演奏会は
先輩にとっては完全に、
「他人事」なのです。

かなりきつい言葉に
なってしまいましたが、

今の環境がどれだけ恐ろしいもの
何と無くでもお分かりいただければ
幸いです。

そして、今後は
「あなたの将来に対して無責任な」言葉には
耳を貸さないようにしてください。

今あなたが聞いている声は本当に
あなたの将来を考えている
発言なのか
を見極めるようにしてください。

悲しいですがあなたのことを
本当に考えている人は、
とても少ないのです。

そういう、周りの都合に
飲み込まれてしまわないために
少し考えて欲しいことがあります。

あなたの周りにある
「とりあえず」を探してください。

とてもいっぱいあるはずです。

例えばその当時の僕だと、

「とりあえず」
楽器が倒れないように構えている。

「とりあえず」
毎日合奏に出ている。

「とりあえず」
ロングトーンを弾いている。

「とりあえず」
長い時間練習してみる。

上げていけば、切りがないです。

まずは、あなたも5つ
「とりあえず」を見つけてください。

見つかったら、
コメントに「とりあえず」を
書き残してください。

そして、明日からはその
「とりあえず」とは決別してください。

もし、コメントなんかしなくても、
決別できるよ!

と、いうのであれば入りません。

しかし、僕は人に宣言しないと
何もできない弱い人間です。

なので、何かを決心した時には、
他に人に宣言することで
自分に対する決意
としています。

あなたにもこの強い決意を
持って欲しいと思います。

なので、今すぐ
「とりあえず」を5つ
見つからなければ3つでもいいです。

コメントに残してください。

これがあなたがガンから復活する
とても大きな第一歩となります。

この一歩で今やっている弦バスは
あなたの一生の趣味になります。

最初の一歩だけは何があっても
間違える訳にはいきません。

勇気を出して、
踏み出してください。

コメントお待ちしております!

しょうた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*